根本的に顔を小さくする

女性

口腔外科の知識も必要

小顔への人気は収まることはなく、美の基準の一つとして定着した感があります。小顔矯正施術を行う店舗や治療院もありますが、リンパや水分を流して浮腫んだ顔をすっきりさせるといった施術が主であり、その効果は一時的です。生涯を通して小顔でいたいのであれば、骨格を矯正するしかありません。美容整形外科では昔から顔面輪郭形成術が行われており、顔が大きくしている原因を根本から解消することが可能です。顔が大きく見えるのは、オトガイが長い人やエラや頬骨が横に張り出している人などが多いです。オトガイ形成術には色々な種類があり、長い人はオトガイ水平骨切り術かオトガイ下端削除術、幅が広い人はオトガイ結節削骨法か垂直中抜き法など、オトガイの問題に合わせた術法が適用されます。そして、エラ張り顔に対して効果的な術法は、外板分割切除術や拡大下顎角骨切り術などです。正面からも横からもエラをなくして卵型にしたい場合は、両術を組み合わせるのが有効です。それから、頬骨が突出している人は、頬骨を薄く削る頬骨体骨削り術や頬骨骨切り術が適用されます。前者は薄く削っても効果がはっきりしない上に、骨の強度が弱まってしまう恐れがあるので、後者の術方が主流です。エラ張り顔の人はエラの骨を切ることで小顔矯正が可能ですが、さらに咬筋も落とすと、より高い効果が得られます。咬筋を落とすのにはボツリヌストキシン注射が有名なものの、もっと効果があるのはラジオ波を使用した焼灼法です。ラジオ波は、筋肉の深部に熱を与えることでタンパク質の蛋白変性を起こさせます。凝固した筋肉はすっかり落ち、再び大きくなることはほとんどありません。これを咬筋減量法といいます。高い小顔矯正効果が期待できる顔面輪郭形成術の内、顔の下半分の骨を削る手術はリスクが高くなります。口周りには下歯槽神経が走っており、これが傷つくことで下唇の痺れが起こりうるのです。神経が切れていなければ痺れは一時的とされていますが、保証はありません。この他にもリスクはあるので、十分な形成外科の知識や経験があるだけでなく、口腔外科や頭蓋顎顔面外科などの知識も備えた医師が望ましいです。それに変えた骨格は元に戻せないので、患者も相応の覚悟が必要です。実際に顔面輪郭形成術を行うに相応しい十分なスキルを持つ医師は、国内にわずかと言われています。クリニックを探すときは、顔面輪郭形成術等、骨切り術を専門にしている医師に絞って探すといいのではないでしょうか。

Copyright© 2018 小顔になりたい人が注目する小顔矯正とは?【筋肉や脂肪を調整】 All Rights Reserved.