メス不要で顔を小さく

女性

カウンセリングはお見合い

小顔に憧れるのは女性に多く、美容外科でも小顔矯正のために沢山の施術が用意されています。特に人気があるのは、切らない施術です。本来小顔にするためには、骨を切らなければいけませんでした。しかし、近年では筋肉や脂肪を調整することによって小顔に矯正するのが可能になっています。もちろん輪郭形成のように永久的な効果を期待するのは難しいのですが、比較的手軽な施術ということが人気を後押ししている様子です。数ある施術の中で一番手軽に効果を得られるのは、ボツリヌストキシン注射による施術です。注射時間が5分から10分と短く、腫れることはほぼありません。ただし、奥歯を食いしばったときに耳前から顎にかけての筋肉、咬筋が張り出さない人は、注射しても効果は得られません。対象者は、咬筋が張り出すことで顔の幅が広がっている人のみです。それと、年齢を重ねると重力に逆らえなくなってくるのは当然と言えますが、顔のたるみを実感する女性は多いのではないでしょうか。頬の下に肉が付くことも珍しくない事象なものの、これはこめかみから頬骨辺りにあったのが下がってきた脂肪なのです。この脂肪をバッカルファットと言い、これを除去することで小顔にする施術もあります。切除ですからメスを使いますが、頬の内側を少しだけ切って引っ張り出す術法にため、顔に傷は残りません。骨を切らない小顔矯正のための施術は、簡単なように見えても医療行為であることに変わりはありません。美容外科医は医師としてインフォームドコンセントを遵守するのが望ましく、施術についてのリスクや副作用を隠すようなことがあってはいけません。もちろん患者が納得しきれていないのに、施術の同意を得るようなことがあっても問題です。美容外科では、一般的な診療科よりも十分に時間を取って行う問診の時間を設けています。これをカウンセリングと呼びますが、一般的な問診と違うのは患者の悩みを聞き取り、希望施術があればそれに患者が適するのかを説明、さらに施術内容やリスクなどについても十分な説明を行う点です。美容外科で行うのは緊急性のない医療行為だからで、優先されるべきは患者の意思なのです。ですから、カウンセリングはお見合いのようなものと考えてください。医師の経歴や治療方針を調べ、誠実さを測り、自分との相性を確かめます。人気の高い小顔矯正の一つであるボツリヌストキシン注射は、技術が必要な施術にも関わらず安易な考えで行う医師が増え、副作用などのトラブルが絶えないと言われています。カウンセリングで失敗例やリスクが起こる確率など、突っ込んだ質問を沢山してみてください。言葉を濁したり話を逸らせたりしない医師なら安心ではないでしょうか。

顔に触れる女性

治療を成功させるためにも

話し忘れないよう、小顔矯正治療を受ける際は相談内容を書き上げておくなど、カウンセリングへ向けた準備が欠かせません。高額な小顔矯正施術を受ける時はモニター治療を視野に入れるのも良く、費用をチェックする際は代金に含まれる内容を確認しましょう。

詳しく見る

看護師

たるみが原因で大きく

加齢で顔が大きくなる原因はたるみなので、小顔矯正に効果的なのはリフトアップ施術や治療機器施術などです。切るリフトアップは西洋人向けで、改良した施術ではリスクが高くなります。最も良いのは溶けない糸を埋め込む糸リフト施術かもしれません。

詳しく見る

顔を触る人

種類や利用する際のルール

小顔矯正の種類としては、エステサロンのリンパマッサージや、クリニックの骨削り・ボトックス注射などがあります。そしてクリニックを利用する際は、キャンセルについてのルール等を事前に確認しておく必要があります。

詳しく見る

女性

根本的に顔を小さくする

根本から小顔に矯正するのなら、顔面輪郭形成術を受けるのが妥当です。頬骨削りの手術はともかく、エラ骨やオトガイを削る手術では下歯槽神経を傷付ける恐れがあります。他のリスクもあるので、形成外科や口腔外科などのスキルを持つ医師を選びます。

詳しく見る

Copyright© 2018 小顔になりたい人が注目する小顔矯正とは?【筋肉や脂肪を調整】 All Rights Reserved.